マドリード日本人会

 スペインに長く住んでいて翻訳通訳者として活躍している沢田幸子さんが彫像の個展をこの17日から1週間開きます。ポスターに載っている作品を見ても買いたくなる様な素晴らしい作品で、その他にどの様な作品があるのかトテモ興味を誘われます。Sachiko Sawada Koten

 しかもこの水準の作品を作る人がたった10年前に文化センターの講座で興味を持ってから作品を作り始め自分の技量不足を実感し本格的にデッサンを勉強して今日に至ったと聞いて一層ビックリします。

 この3月5日に日本人学校で成功裏に行われた”日本人学校の校舎を元気にするチャリティパーティ”でもピアノを弾かれる方、バイオリンを演奏されるお母さんたちや児童生徒を見て羨ましいと思ったのは僕だけでは無いでしょう。

 小さいときから赤緑色弱で絵を描くのは全くダメ、楽器を弾くのは手が動かないというコンプレックスのかたまりからすると、おそくとも才能を開花させた沢田幸子さんの作品を見て心を洗われてたいと思っています。 皆さんも是非友人を誘い合わせて個展会場の足を運んでください。

 それにしてもポスターに載っている作品は何か仏像を思わせるやさしさがあると思いませんか。

新村

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.