マドリード日本人会

 1月16日に開催された第20回餅つき大会にはNHKのラジオジャパンでスペイン語放送を担当している酒井アルベルト清君が偶の帰省を利用して取材に来てくれました。高橋大使、山下大会委員長との話の後大会会場を回ってくれました、その成果が1月終わりに放送されました。

 聞いてみましたが各種行事の背景説明も含め正確に大会の概要を話してくれ、又、それを綺麗なスペイン語放送してくれました。 その彼から取材のお礼のメールが届きましたが、その一部を引用します:”実は、最近までリスナーからの反響が続いていました。 あるブラジルの方が、ご両親がスペイン人であり、「いつかマドリードの餅搗 き大会に参加してみたい」と仰っていました。

 お陰様でこの番組は成功したと言えます。多大なご協力を頂きまして、本当にありがとうございました。”

 アルベルト清君はお琴の演奏家で当地で活躍している酒井良枝さんとスペイン語教師のアルベルトフォンセカさんの長男です。 日本の大学を出て今は日本の大学でスペイン語を教えています。 スペイン生まれで日本語とスペイン語を母国語に持ち日西二つの文化を理解できる世代の代表の一人です。 一層の活躍を祈りたいと思います。

 なお、NHKのこの番組を全部聴きたい方は新村まで連絡をして下さい。

新村

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.