マドリード日本人会

 去る6月16日午後7時からマドリードのCasa AsiaでCarlos Rubioさんの新しい本”La flor y el pájaro”l(花と鳥)の出版記念会が開かれました。

 副題の1500 años de las paosias clasicasにある様に短歌や俳句をスペイン語訳にしたものです。Rubioさんの説明から同氏の日本文学にかける情熱が伝わってきました。 紹介者3名からの訳だけでなく、30数ページにわたる解説が日本の和歌、俳句の歴史を判り易く紹介していると絶賛がありました。 平岡蘭子さんが短歌と俳句の幾つかを調子をつけて歌ってくれて聴衆から大拍手を浴びました。 全部で50人位の方が参加しましたが、日本人はほんの数人で勿体無いと思った次第です。

新村

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.