マドリード日本人会

本日は開場直前の俄雨にもかかわらず日本大使館多目的ホールに50名近い参加者が集まり、日西指圧学院小野田さんの好意で出席いただいた日本指圧専門学院 講師小林秋朝さんの講話、自己指圧の実技指導、参加された指圧師の方々による指圧サービスと豊富な内容の1時間半を過ごしました。

浪越指圧というと創始者の浪越徳治郎さんが有名ですが、テレビ出演で日本全国に知り渡った ”指圧の心、母心、おせば生命の泉湧く”はお母さんさんのリウマチを治したい一心から出てきた言葉だそうです。又、指圧の効用は予防にありますが、快食、快眠、快便、快働そして快笑を得られる効果あるとのことです。海外進出も早く昭和28年には米国視察、その他欧米諸国での指導を行い、スペインからも1973年に美容院の方々が日本に研修の為に向ったという事で大変な驚きです。

小野田さんのご好意で、後は指圧師の方も交えて飲み物、軽食を取りながらの楽しい懇談となりました。この様なリラックスした雰囲気の中での文化講演も中々良いなと思った次第です。

文責:新村

追伸 浪越 徳治郎さんの人となりを理解するには今回文化講演会に出席された次男の浪越和民さんの書かれた”父のうしろ姿”をお勧めします。

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.