マドリード日本人会

4月27日に行われた文化部主催の文化講演会で日本指圧専門学校の小林さんが自己指圧の指導してくれましたが、圧す際には息を吐くことの大切さを強調されていました。スペイン語で呼吸する事は動詞のRespirarで、呼吸はRespiraciónと言う事は誰でも知っていることですが、息を吐くは如何言うかと言うとExpirarで、(白水社現代スペイン語辞典584ページ)によると(①婉曲)息を吐き続ける、死ぬと言う意味が書かれていて、更に②(法律)(期限が)切れると言う意味にも使われます。面白いのは息を吐くと言う訳は載っていませんし、その名詞であるExpiraciónも期限切れ、期限満了と言う意味しか挙がってなく、息を吐くと言う訳はありません。何か不思議な気がします。これで良いのか誰か教えて貰えたら有り難いです。

又、息を吸うはinspirarですが、この意味の他に日常でもよく使う ①着想(霊感)を与えると言う意味と(②感情などを)抱かせると言う意味も出ててきます。酸素を十分に吸うと頭の回転がよくなり感受性が豊かになる為でしょうか。名詞はinspiraciónですが、息を吸うと言う意味の他に、① 霊感、インスピレーション ② 示唆 ③ (宗教) Divinaと言う形容詞がついて紙の霊感、信感と言う意味にもなります。、

指圧を教わりながらこんな着想が出来たのも呼吸で入った酸素のお陰でしょうか。

文責:新村

1 コメント to

“スペイン語愛好会:呼吸-Respiración”

  1. 匿名

    「息を吐く」は、espirar です。Espirar=expeler el aire aspirado と説明が書かれています。(Diccionario ideológico de la lengua española) 病院などでは‘coge aire’(吸って)‘echa aire’(吐いて)と指示されることが多いのですが、外国人の私にわかりやすく伝えてくれているのかもしれません。

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.