マドリード日本人会

Shabú とKatana

2012年5月18日

”Shabú(シャブ)とKatana(刀)”と言っても米国人の文化人類学者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict、1887年6月5日 – 1948年9月17日)が書いた”菊と刀”に挑戦する訳ではありません。

具体的な日付は書き留めるのを忘れてしまいましたが、約10日ほど前のEl Mundo紙の三面記事に”La droga que causa furor entre los asiáticos”(アジア人の間で大人気の麻薬)と言う題でこのメタンフェタミンを原料とする麻薬(覚醒剤)の記事が載っているのが目に付きました。 具体的にはフィリッピン人カップルがShabúの密売容疑で逮捕されたと言うものですが、1グラム500ユーロの末端価格でコカインより10倍も高い事と東南アジアと米国ではやっている事が書かれていました。

Shabúは覚醒剤を指す日本語の隠語の”シャブ”の事(三省堂 ハイブリッド新辞林)と思いますが、Wikipediaによればフィリピンでは「Batak」(バタク)と称するようですから、如何して記事にShabúと”言う”ブ”の所にアクセントが付いている表現になっているか興味をそそります。又、押収した覚醒剤や現金と一緒に日本刀が二振り写っているのも気になりました。

そう考えてくるとこの記事を書いた記者の方がもっと掘り下げた記事を書ける材料が沢山有るように思えて来て、突っ込み方が足りないと不満に思えてきました。同じ記事(材料)を見ていてもそれが書き手にどの位の想像を引き起こすのか、世界が何処まで広がるか、他でも良く経験する問題の様です。

筆者の小学生時代(昭和20年後半から30年始め)には覚醒剤は”ヒロポン”と呼ばれていました。その中毒の恐ろしさを小学生に教える為の映写会が学校であった気がするのですが、映画を見に行った普通の二本立ての映画館で映画と映画の間にその様な教育宣伝の映画を流したのか記憶が確かでは有りません。”ヒロポン”と言う名前がある製薬会社の商品名だとはこの記事を書くまで知りませんでした。

そう言えば何年も前にマドリードにある日本レストランで”しゃぶしゃぶ”を頼もうと思ってメニューを見ていたら外国人のウェーターから内には”シャブ”もありますよと言われてぎょっとした事を思い出しました。勿論、そのウェーターには”しゃぶしゃぶ”とシャブの違いを説明して置きましたが。

文責:新村

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.