マドリード日本人会

4月27日に行われた文化講演会(自己指圧の効用について)の記事で述べた日本指圧専門学校浪越和民さんの著書”父のうしろ姿”を日本語補習校の図書室に浪越さんより日西指圧学院の小野田さん経由で寄贈いただきました。浪越徳治郎さんの次男和民さんがお父さんについて色いろと思い出を語っていますし、貴重な写真も数多く載っています。”指圧の心は母心、押せば命の泉湧く ワ、ハ、ハッハ”で有名な浪越徳治郎の人となりが良く判ります。一読をお勧めします。

文責:新村

Comments are closed.

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.