マドリード日本人会

Casa Asiaが1月14日から4月7日の午後7時から9時まで近代から現代までの日本文学講座を開催します。森鴎外、夏目漱石から始まり村上春樹やよしもとばななまでを網羅します。講師はコンプルテンセ大学日本文学教授のCarlos Rubioさんです。是非スペイン人の友人に声をかけていただければと思います。
嶋田さんの翻訳した幸田露伴の小説が出たばかりですし、日本文学に興味を持ってくれるスペイン人が増えるのを期待する所大です。

講座要綱を別添ファイルに掲載して置きます。

文責:新村

2 コメント to

“Casa Asia 春季日本文学講座”

  1. 嶋田直明

    いつもありがとうございます。

    幸田露伴の小説は是非多くの皆様に読んで頂きたいです。
    ルビオ先生や出版社の方々の励ましやサポートを得て、また沢山助けて頂き、ようやく完成しました本です。

    日本文学講座、素晴らしい企画ですね。
    多くのスペインの方に日本をより深く知って頂けるきっかけになれば、とても嬉しく思います。

    嶋田

  2. 新村 嘉朗

    嶋田さん
    今回の翻訳は大変な力作ですね。苦労話や翻訳家を目指す方の為になる話が沢山あると思います。是非、一度聞かせて下さい。

    新村

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.