マドリード日本人会

和菓子の愉しみ 報告

2017年11月22日

11/16(木)、大使館多目的ホールにて文化部行事「和菓子の愉しみ」を開催いたしました。
講師は和菓子の本場である京都でも研鑽を積まれ、スペイン各地で教室を開かれているマドリード在住の中森詩子さん。

お茶とお菓子をいただく時のマナー、和菓子の生菓子の一つである練り切りとその作り方を説明いただき、予め用意いただいた白あん、小豆あん、練り切りの生地を使い、参加者の皆さんでそれぞれ「桜」と「錦秋」を作ってみるというものでした。

季節を愛で尊び、気候の移りかわりを少しずつ映し出す和菓子の繊細さと美しさ。中森さんの親しみやすくわかりやすいご説明に、コツをつかまれた皆さん、それぞれの見事な練り切りを作り上げられ、お抹茶と一緒にいただく至福の一時でした。


wagashiW600-4

wagashiW600-1

wagashiW600-3

wagashiW600-2

コメントを投稿します

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.