マドリード日本人会

‘イベント’ カテゴリー

6月14日に行われました バーベキューパーティ開会のもようです.

去る6月14日(日)越川特命全権大使、および日本国大使館の主催、ご厚意により、日本人会会員及び水曜会会員の方々との意見交換、親睦を目的としたバーベキュー大会が、在マドリードの大使公邸にて開催されました。

心配された天候や気温にも恵まれ、清々しいバーベキュー日和となり、120名を超える参加者を数え、お美味しい焼肉、たこ焼き、お好み焼きを満喫、参加した子供達で、スイカ割りも実施いたしました。

また特別ゲストとして、日西経済友好会の会長の田中克之元大使のご出席、日本スペイン交流400周年で活躍なさったピアニスト、新会員でもある川上ミネ様、そして日本人会元理事で、現在京都にお住まいの、加藤力之助様もご参加頂きました。熱い鉄板の前でご苦労され調理された、東様、吉田様、篁様、佐治様、濱島様、大使公邸の調理師の皆様、会の告知や参加者集計をしていただいた歌代様、事務局の相澤様、そして大会の統括をして頂きました大野領事。

おかげさまで、美味しく食べながら、和やかなひと時を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。

イベント 日本の伝統・きものと着付けのご紹介
追加写真です.(写真提供 熊田 順一氏)

第21回 マドリード盆踊り大会 のポスターができました.

たくさんのボランティアの方(合計では100人を超えます)が 大会開催の準備を始めています.
皆様の参加をお待ちしています.

2015年7月12日(日) 19:00~22:30
場所:マドリッド日本人学校 校庭
詳細PDF (423KB)

5月27日(水)大使館多目的ホールにて、私たちにとってそして外国の方にとっても最も身近な日本文化の一つとして、きものと着付けのご紹介を開催いたしました。 日本人会員および日本文化に興味を持たれるスペイン人、総計45名の出席をいただきました。

あでやかな振り袖、フォーマルな留袖、男性の粋である紋付羽織袴、上質を知る色無地、どんな用途にも万能な訪問着、小粋な小紋と紡ぎ、夏の風物・浴衣と甚平。これらを順番にご紹介し、小紋と紡ぎについては長襦袢からの着付けのデモストレーションも行いました。

「きもの」と一言で言っても、その種類と用途、ひとつひとつの衣装にこめられた伝統はすべて意味があり、様々です。数々のイベントで着物をご紹介する経験をもつボランティアの方々に実演して頂き、日本語とスペイン語の2カ国語で解説をいたしました。

来場のスペイン人の方からは、着物の購入するにあたって留意すべきポイントや、きものを着て作業をする時のたすきの長さなどの具体的な質問を次々といただき、日本文化への既に高い知識と関心が伺えました。

日本と日本人の奥ゆかしさ・美しさを感じていただき、外国の方にとっては憧れのきものがますます身近に感じられる、和やかな一時となりました。




Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.