マドリード日本人会

‘スペイン語愛好会’ カテゴリー

4月の末から5月の始めにかけて英国やアイルランドでは波浪注意報が出るほど大雨と風の影響が出たようです。そのお陰で小生の知人も英国へサンタンデルからフェリーで行く際に予定していた便が欠航となりサンタンデルで足とめを食いました。

さて、今日はその為に波浪-Marejadaに取り上げた訳ではなく、4月27日の文化部主催文化講演会で日本指圧専門学校浪越和民さんに話をしていただいた報告をHPに出す準備をしていて最初は波越さんと書いてしまい、後で間違いと気付き浪越さんと訂正しましたが、そのときに”波”と”浪”の違いは何だろうと考えた事が有ったからです。
三省堂例解新漢和辞典によると次の説明が有ります:
1.波
①風などによって起こる水面の上がり下がり。なみ:波浪、風波、防波堤
②波のように伝わる。およぶ:波及、余波
③波のような動きや形を取るもの:音波、電波
2.浪
①おおなみ。なみ:波浪
②なみのように気まま:さすらう:放浪、流浪
③ほしいままで、いいかげん。むだに。みだりに:浪費
(さらに…)

早速読者の方から下記のメールを頂き、小生の疑問を解消してもらうと同時に間違いを訂正してもらいました。有難うございます。
QTE
”息を吐く”は、espirar です。Espirar=expeler el aire aspirado と説明が書かれています。(Diccionario ideológico de la lengua española) 病院などでは‘coge aire’(吸って)‘echa aire’(吐いて)と指示されることが多いのですが、外国人の私にわかりやすく伝えてくれているのかもしれません。
UNQTE
早速Espirarで辞書を引いてみると有りました、ありました。
(さらに…)

4月27日に行われた文化部主催の文化講演会で日本指圧専門学校の小林さんが自己指圧の指導してくれましたが、圧す際には息を吐くことの大切さを強調されていました。スペイン語で呼吸する事は動詞のRespirarで、呼吸はRespiraciónと言う事は誰でも知っていることですが、息を吐くは如何言うかと言うとExpirarで、(白水社現代スペイン語辞典584ページ)によると(①婉曲)息を吐き続ける、死ぬと言う意味が書かれていて、更に②(法律)(期限が)切れると言う意味にも使われます。面白いのは息を吐くと言う訳は載っていませんし、その名詞であるExpiraciónも期限切れ、期限満了と言う意味しか挙がってなく、息を吐くと言う訳はありません。何か不思議な気がします。これで良いのか誰か教えて貰えたら有り難いです。

又、息を吸うはinspirarですが、この意味の他に日常でもよく使う ①着想(霊感)を与えると言う意味と(②感情などを)抱かせると言う意味も出ててきます。酸素を十分に吸うと頭の回転がよくなり感受性が豊かになる為でしょうか。名詞はinspiraciónですが、息を吸うと言う意味の他に、① 霊感、インスピレーション ② 示唆 ③ (宗教) Divinaと言う形容詞がついて紙の霊感、信感と言う意味にもなります。、

指圧を教わりながらこんな着想が出来たのも呼吸で入った酸素のお陰でしょうか。

文責:新村

フアン・カルロス国王はセマナ・サンタ中にアフリカでの象狩りをしている最中に足を踏み外し緊急入院の為スペインに戻り手術を受け大腿骨(Femur)に人造の骨(セラミック製)を埋め込んで股関節に填め込み骨盤(Pelvis)につなげましたが、4月26日にアラブ首長国連邦の元首を応接中に体を捻り違えてLuxación(脱臼)を起こし再度入院しました。幸いにも元の位置に戻す事が出来て入院してから12時間後にはマリアーノ・ラホイ首相との執務をこなしたとの事ですが、体の大きく体重もある体を支えきれるのか心配ではあります。動詞はLuxarで脱臼させる、脱臼するはLuxarseです。

ちなみに英語でもLuxation(動詞はLuxate)ですから、英語からスペイン語、あるいはスペイン語から英語は言葉が難しくなればなるほど語源が同じなので楽だなーと思います。

文責:新村

外国語を勉強して行く時に困難なのは文法と語彙でしょうか。文法はスポーツの基本動作と一緒で時間を掛けて繰り返して身に付ける他に方法はありません。これを避けて通る方法は無いですし、避けて通ると恐ろしい将来が待っています。

語彙は毎日知らない単語と苦戦しながら、二つ覚えては、一つ忘れ、又、二つ憶えては一つ忘れと言う事と悪戦苦闘する事により憶えていくようです。それにしても忘れが早いのは全く困ったものです。

それを少しでも楽にしようと思うと面白い記事が出てきたらそれに引っ掛けて憶える事も一つの方法と思い、今回はFORCEPSと言う単語を見たので興味を覚え字引を引いてみました。

辞書を引くと医学用語として鉗子(かんし)と載っています。WIKIPEDIAには”物をつかんだり牽引したりするのに使用する器具。 主に手術器具として使う”と有りますから、良く病院ドラマの手術の時に出てくる挟み見たいな形をした金属の器具ですね。 (さらに…)

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.