マドリード日本人会

‘会長・副会長 随筆’ カテゴリー

皆様あけましておめでとうございます。

今年は平成30年という節目の年です。
昨年の暮れにセミナーの講師としてメキシコシティーに行きました。日墨協会の敷地内にあるサロンがセミナー会場ということもあり、主催者側の日系二世の先生やお医者さん等、現地で生まれ、すでにメキシコ国民としてメキシコに溶け込んでいる人たちとコムュニケーションすることができました。

移民として向かった国、南米。好きで住み始めたヨーロッパと意識の違いはありますが、日本人の血が流れていることを誇りに思っている人達が外国に住んでいるということに違いはありません。意気投合の言葉をいただき、色々と両国における日本人会の活動と問題点について意見交換、話し合いの機会を持つことができました。

南米の日本人の世界とヨーロッパの国に住んでいる日本人世界の奥深いところに決定的な意識の違いはあります。しかし、住み始めた動機は異なるものの、一世が無から始め、その子供に教育を受けさせ、その子供たちが成長して二世の時代に入り、その国の国籍を所有した三世の時代が来るという流れは、どの国も同じです。

スペインは、まさに二世がヨーロッパの国々で活躍しだし、その二世の子供たちが学校に通いだした時期に来ています。まさに最初のガンバリズムの過渡期です。
マドリードも土曜日には、そんなお子様を対象にした補習校があります。 (さらに…)

5月24日(日)快晴の中,越川大使夫妻が出席され,日本人会からも小野田会長が出席して マドリード日本人学校で運動会が開催されました. 一般参加の綱引きなども行われ,大いに盛り上がりました.


2015年4月24日(金) マドリード日本人会定期総会での 小野田会長の挨拶です.
理事会,事務局,会員の間のコミュニケ-ションをよくして.日本人会の顔が見えるようにしていきたい.

 まだ肌寒い日が続く事もありますが、春が来ました。 少なくとも自然はその様に感じてくれている様です。 私の好きな場所にキンタ・デ・ロス・モリーノス公園があります。 マドリードの中心から地下鉄で簡単に行けますが、マドリード市内にあるとは思えないほど田舎の自然を味合わせてくれます。

 3月11日にマドリード在住の友人が撮ってくれた写真を添えます。
 アーモンドの花の香りが届く感じです。

Parque Quinta de los MolinosParque Quinta de los Molinos

新村

 3月11日に起こった東北太平洋沖地震の被害は甚大で当地のTVやラジオ新聞で見聞きする報道では身震いがする思いです。 犠牲者の方々の気持ちを思うと居ても立っても居られません。

 でも、きっと皆さんも経験済みと思いますが、スペイン人の知人友人隣人会社の同僚から日本の家族の安否を気遣うメールを貰いました。 スペイン人は心が広いな、大きいなと思います。 こんな人の居るスペインに住まわせて貰い有難いなと思います。

 スペイン人の皆さん有難う!!

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.