マドリード日本人会

‘寄稿’ カテゴリー

3月22日の愛好会に使用した教材をもう一つ掲載します。原文は一つしかないですが、訳は訳者それぞれの個性が出てくるもので無数にあると考えられ、どれが正しいと言うことは出来ず、どれが原文に近いかあるいは原文を上手に表現しているかが評価の分かれ目になるのでしょう。それにしてもLourdes Portaさんの訳は水準が高いと参加者全員が認める所です。それを日本語と対比しながら楽しめることは何と贅沢なことかと思います。

今回の愛好会では資料1では”目をじっとのぞきこむ”と言う表現を巡って色いろと意見が出されました。この動作を確かにスペイン語の動詞ひとつで表現するには中々難しそうですし、”Mirar fijamente a los ojos”が人の目を見ることの文化上の問題点と相まってちょっと違うニュアンスになるのではないかとの意見も出されました。”キャメルのコート”も想像力を掻き立ててくれる表現です。
資料2では”ひゅううううう、ポン”とスペイン語の”Catapún”の時間的な長さの違いに注目してみました。

文責:新村 嘉朗

ノルウェイの森 2

予想以上の20名を超える参加者を得てスペイン語愛好会が3月22日午後6時半から日本大使館多目的ホールで開かれました。原本”ノルウェイの森”とそのスペイン語訳”Tokio Blues”を使って日本語の原文から読み取れる世界とスペイン語訳から入り込む世界の繋がりを参加者全員が各自の経験を基に分析すると言う大変興味深い試みでした。参加者には日本語教師会の日本語の先生方、翻訳を仕事にされている方も居て、中々高度なやり取りも見られましたし、又、全く日本語が判らないあるいは日本語を学んでいるスペイン人の方も居て、大変貴重な意見を出してくれました。参加者の大半は日本語が好き、スペイン語をもっと深めたいと言うフツーの日本人の方でしたが、年齢層も20台から40台を中心にした若い方が多かったのも今回の愛好会の特徴でした。
参考までに今回使用した教材の一部をファイルに載せておきます。今回のスペイン語愛好会に参加された方も、出来なかった方も意見を寄せてもらえれば大変有り難いです。
今回は予定時間を越えてしまいましたが、午後8時半の終了まで2時間があっと言う間に過ぎた感じでした。モデレーターの不慣れもあり折角の機会なのに写真を撮り忘れてしまいました。残念。
次回は4月を予定しています。

文責:新村 嘉朗

ノルウェイの森 1

3月3日にアトレティコ・デ・マドリードとレバンテ・ラス・プラナスの一部リーグの試合が暖かいが一寸未だ風が冷たい日曜日の午後1時半からマハダオンダ市にあるアトレティコ・デ・マドリードのサッカー場行われました。試合は開始直後に1点を挙げたアトレティコ・デ・マドリードが最後まで守り抜き1-0で勝利を勝ち得ました。
岩倉さんは最後の10分に出場しボールの競い合いにも加わりましたがゴールに絡むまでには至りませんでした。彼女自身にしても不完全燃焼のままで終了しましたが、次の試合には1分でも多くピットに立って (さらに…)

今日は午後7時半から地下鉄Anton Martin駅の近くにあるFilmotecaで日活映画”拳銃(コルト)は俺のパスポート”を見てきました。日活創業100周年を記念して国際交流基金が企画した”日活リバイバル-1939-1989”の中のひとつです。3月から4月にかけて映画監督12人の作品23本を上映します。他には”腐った果実””赤い殺意””隠し砦の三人””洲崎パラダイス””幕末太陽伝””豚と軍艦”等聞きなれたタイトルが並んでいます。フランス、米国でも上映され、スペインではバルセロナとラ・コルーニャに次いでマドリードで3番目の紹介となります。

今日見た映画は1967年に製作された野村隆監督の作品です。横浜を舞台に殺し屋を巡るやくざの話ですが、映画の紹介にもある様にマカロニウェスタンを彷彿させます。内容は兎も角、宍戸錠、ジェリー藤尾や綺麗な女優さん(この方の名前が出てきません)、横浜、 (さらに…)

2月19日というウィークデーの午後にも関わらず数多くの方が参加して異業種交流会が開かれました。今までに日本人会の活動に興味の無かった方々も参加され、特に若い方が多く見られたのも興味を惹く点でした。皆さん飲み物を片手に海苔巻き、サンドイッチを頬張りながら、四方山話に興じながら楽しい時間を過ごしました。終了時間が過ぎても名残惜しそうに話し続けている参加者の方々の姿を見て開催者として満足感を抑えることが出来ませんでした。

今回のゲストスピーカーはアトレティコ・デ・マドリードの女子プロ・サッカーチームに所属する岩倉三恵さんでしたが、弱冠28歳にもかかわらず落ち着いて話をする姿は数多くの大舞台を経験している事から来る自信に裏付け (さらに…)

Copyright © マドリード日本人会. All rights reserved.