マドリードに集う想い
志村 知子

  日本人会発足から24年の月日が経ちました。立ち上げ前からご尽力下さった多くの皆さまはじめ、会の発足、成長に携わった理事の方がた、イベントのお手伝いボランティア、このマドリッドで生活する日本人の協調の歴史が実を結び、今回の表彰をいただくことになったのだと思います。

 特に、お餅つき大会、盆踊り大会はここ数年スペイン人の参加も年々増え、日西交流の大きな場となってきています。イベントの運営は、ボランティアを引き受けてくださる多くの会員の協力なしにはできないことです。休日返上でお仕事いただく皆さんはもちろんのこと、二世の子供たちも、貴重な人材です。二つの文化を背負う次の世代が日本とスペインの懸け橋となり、日本の素晴らしい文化をここで伝えていくために、日本人会が役に立てれば本当にうれしいことです。諸分野での若い世代の活躍を頼もしく思うとともに、彼らも日本人会と積極的にかかわって行く必要性を感じてもらえるような会にしていけたらと思います。これからも諸先輩理事のご意思を尊重するとともに、若い世代からのニーズにも耳を貸して、日本人の文化を次の代に継承するために努力してまいりましょう。